キレイモ 静岡

「サロンの脱毛=勧誘」というイメージの人は多いかと思います。

 

実際、私も行ってみるまではそう思ってました(^^;

 

ネットで色々調べてみると、「体験コースやクーポン利用で行ってみたら勧誘がすごくてイヤになった」っていう口コミなんかをよくみますよね。

 

脱毛はしたいけど、勧誘されてしまったら断る自信がないという人のために、サロンの勧誘を上手に断るコツというか、私ならこうするかなぁっていう方法を紹介してみます(^^)

 

参考になればいいですけど(^^;

 

サロンでの勧誘ってどんなの?

 

大体の人が、サロンやクリニックにはまずお試しコースを受けに行く人が多いと思います。

 

中には安く済ませるために、各店の体験コースを渡り歩く、なんていう人もいるみたいですけど。 ←私の友達に1人います(^^;

 

サロン側にしてみれば、体験コースによってまずはお店の様子や脱毛技術を知ってもらい、コース契約につなげたいのが本音ですよね。

 

だって、それが商売ですもん(^^; 体験ばっかだとお店つぶれちゃう。

 

結局のところ、サロンでもクリニックでも判断が難しいのは、「勧誘」なのか「提案」なのか、この境目が難しいんですよね。

 

サロンのスタッフさんとかは、やっぱりプロなので、美容のことも脱毛のこともプロですし、当然のことながら色々とおススメをしてくれます。

 

そりゃあお金がいくらでもあれば、高いコースとかの方がいいに決まってるし、←勝手な思い込みです(笑)
やれるならやりたいですよ。

 

だけど、お金の問題はもちろん、自分の肌に合うかどうかとかも試したいのは事実ですし、そういった事情を考えてもらえずに一方的に勧められるのが「勧誘」だと思うんです。

 

この前、ニュース番組で特集みたいなのをやってたんですが、よくクリニックとかで無料のカウンセリングだけを受けにきたのに、「今日契約しないと高額な契約になる」とか言われて、その日の契約だけならまだしも、その日に施術まで受けさせられるケースがあるそうです。

 

そんなの意味がわからないですよね(^^;

 

もしそういった脱毛サロンや脱毛クリニックに当たってしまったら、すぐに契約せずに断って帰ってくることをお勧めします。

 

それでも契約させられてしまった場合、脱毛サロンや脱毛クリニックでも、クーリングオフは適用されます。

 

無理矢理契約させられたなと思ったら、家に帰ってからクーリングオフを申し出れば大丈夫です。

 

その日の施術を勧められたら、「今日は時間がない」などの断り文句を言って、家に帰ってすぐに書面でクーリングオフの旨を送付しましょう。

 

この時、必ず「内容証明」など、記録の残る方法で送るようにしてください。

 

クレジットカードの支払いで契約した場合、クレジットカード会社にも同じ内容の書面を送らないといけないので、注意して下さいね。

 

また、料金表(HPがある場合はHP)などに乗っていないプランやコースが出てきた場合も要注意だと思います。

 

勧誘を断る方法

 

無料カウンセリングに行くお店は、大体、初めて行くお店になると思いますので、初めに予算や懐事情を言ってしまうのがいいと思います。

 

そこを伝えた上で、高額なコースを勧めてくるようなら、そのお店はダメだと思います。担当スタッフさんにもよるかもしれませんが(^^;

 

こちらの事情を考慮してもらえていない時点で、話しを聞いてもらえていないので、こちらも話しを聞く必要はありません。

 

すぐに席を立って帰りましょう(^^)

 

また、「お金がない」ということに対して、無理やり「ローンを組めます」って言ってくるところもあるそうです。

 

自分が納得できて、魅力的なコースならローンもいいかもしれませんが、あきらかに自分が返せないようなローンを組まされそうな場合は「お金ないんで(^^)」と満面の笑みで言ってあげましょう(^^)

 

断って悪いことはありません。ちゃんと自分のことを考えてくれるサロンはありますよ。

 

私の場合は、キレイモがそうです(^^)

 

今なら初月無料キャンペーン中!!

 

>>キレイモの予約はこちらからできますよ♪